忍者ブログ
ふと思ったことや「これは!」と思ったことを書き綴る。いわゆるチラ裏ってやつデス。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

首都圏の公共交通の一端を担う東京メトロには、普段何気なく利用している地下鉄の脇(端っこ)に、ひっそりと道行く人々(旅人)を見守っています。その像の名前は「マーキュリー像」。

マーキュリー像とは、昭和25年、第2次世界大戦直後に被災した銀座駅の8カ所の出入口を改築する際、「銀座の中心部に相応しい文化国家を象徴するようなもの」という考えのもと、二科会彫刻家の笠置季男により制作され、銀座駅の8カ所の出入口の手すりに2体ずつ設置、翌年1月に完成しました。
その後、昭和39年に銀座駅の改修に伴い各駅、各施設等へ移設されています。ただし、1体は破損のため存在しません。
そんなわけで、残りのマーキュリー像を探したいと思います。

▼とある駅にあるマーキュリー像
20100207-01.jpg
こんな像が15体ほど散らばっています。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:
あべ
性別:
非公開
Twitter name:
@t_abe_
自己紹介:
・ちばらぎ県在住
・仕事場は都内
・つくばエクスプレス利用者
・巨大建造物好き
 (橋 隧道 ダム 地下施設など)
View CT
ブログ内検索
最新コメント
最新トラックバック
バーコード

copyright © あべ all rights reserved. Powered by Emile*Emilie

忍者ブログ[PR]